FC2ブログ

スポンサーサイト

美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Bluelagoon
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の素人投稿画像 3

美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Bluelagoon

今週の素人投稿画像

 

 

 

 

 


まずは応援も兼ねて
↓をクリックしてみてください


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

近所のお姉様と僕の淫らな関係 2

美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Bluelagoon



 僕はその後裕子さんに話しかける様な場面はなく、バッタリ会う様な事もなくて、日々は過ぎていった。
 このまま、大人の女性への憧れで終わるのだろうか。
 そう思っていたある日のことだった。スーパーの前で偶然、裕子さんと会った。
「あら、タクミ君。今日もバイト?」
「あ、今日はバイトない日なんですよ。裕子さんは今帰りですか?」
「そうよ」
 大きな買い物袋を両手に提げている。
 裕子さんの横歩き出す。裕子さんは車で来ていたみたいで、駐車場のほうに足を向けた
「裕子さんの車って、あの隅に置いてある赤い軽自動車ですよね?」
「そうよ」
「俺、乗ってみたいなあ」
「そう? じゃドライブしよっか?」
「え?」
「だって乗ってみたいんでしょ?」
「そりゃそうだけど……本当にいいんですか?」
「いいよ」
「はい、じゃあ行きます!」
 思いもよらず、降って沸いた急イベント! 天にも昇る心地で僕は裕子さんについていった。
 さ、早く乗った乗った。そういって、裕子さんは車のドアを開けた。
「じゃあ、失礼します」
 そうしてドライブは始まった。相手の誘導が旨いのか、会話は盛り上がりながら軽自動車は隣の市と続く山道を越える定番ドライブコースを走って行く。
「でもまさか裕子さんがドライブに誘ってくれるとは本当に思わなかったな、僕みたいな男子校の生徒に対して警戒してるとばかり思ってたもん」
「アハハ、そんな事ないよ」
「だって、裕子さんって近所の男の子に人気あるから、告白とかならいいけど、思い余って襲おうとする生徒もいるかもよ」
「あ……うん、そういうのは困るな。でもそこまで思い余る男の子って滅多にいないと思うよ」
「その滅多がありえたら怖いじゃないですか」
「考えすぎだよ。いちいちそんなの気にしてたら女が一人で暮らしていけないよ」
「うーん……それもそうか」
「でも、心配してくれてアリガトね? 私の事気に掛けてくれるんだ?」
「え……そ、そりゃ」と赤くなってしまう。
 そうして軽自動車は目的地の港へと着いた。
「海からの風って気持ちイイわね。あ、自販機あるからコーヒーでも飲もうか?」
「じゃ僕奢りますよ、伊達にバイトで稼いでませんからね」
「お、男前な事言うじゃん。じゃあ奢って」
 まるでデートだなと内心ドキドキだったが、もう夕日も沈み始めてもと来た道を軽自動車は走り出した。
「タクミくんの彼女ってどんな人?」
「彼女なんていないよ……」
「うっそだー、タクミ君可愛いもん、私が同い年だったら放っておかないよ」
「え?……僕も裕子さんみたいな人が同級生だったら放っておかないよ?」
「本当? じゃあ同じ年じゃなかったら彼女にしてくれないの?」
「えええ! そ、そんな事ないけど……裕子さん彼氏いるんじゃないの?」
「それがいないんだな。タクミ君の事、可愛いからすぐ名前覚えたって前に言ったでしょ?」「うん……」
「本気ですっごい可愛いって思ってるんだよ?」
「で、でも、僕背低いし、ずっと背が高くてハンサムな男の人とかたくさんいるよ?」
「でも、、一番可愛くて好きなのはタクミ君だもん」
「ぼ、僕可愛くなんかないよ」
 まさか、そんなハズはない、嬉しいけど信じられない!
 思わせぶりな裕子さんの言葉に今までの和やかな雰囲気はどこへやら、すっかりテンパる。
 ドライブの誘いがあった時から感じていた現実感のなさが急激に強まり、居心地の悪さを感じ始める。
「ゆ、裕子さん、子供からかっちゃダメだよ」
「……迷惑?」
「め、迷惑じゃないけど……」
 山道を走っていた軽自動車がパーキングエリアへと止まる。
 そして近づいてくる裕子さんの顔。俺は裕子さんから目がそらせないでいた。
「今すっごくタクミ君とチューしたい。ダメ?」
 どアップの裕子さんの顔。
息が詰まる。やっとの事で声を絞り出す俺。
「ダメじゃない……」
 そして重ねられた唇。触れるだけのフレンチキス。
 何故か俺はその時、ファーストキスの感触よりも車の中で聞こえるウインカーの音の方が気になっていた。
 頭が真っ白になってる俺から裕子さんは唇を離した。
「キスしにくいよ、顎出して唇ちゃんと重ねないと」
「あ……ごめんなさい」
「じゃあ、もう一回するよ?」
 今度は言われたように顎を出す。さっきよりもしっかりと押し付けられてくる唇。
 この後どうしていいのか分からずにいると、裕子さんの舌がにゅるり、と中に入ってきた。
 なすがままに貪られている。
 初めての気持ちよさにぼーっとしていたが、このままじゃいけない、と僅かなプライドに押され、裕子さんの舌の動きを懸命にトレースし、舌を絡め合う。
 どれくらい時間が経ったか、裕子さんの口が離れていって、俺は何も考えられずにいた。
「タクミ君、キスしたの初めて……?」
「うん……」
「すっごく頑張ってたね、私、気持ちよくなっちゃった」
 我に返ると、もう外は夕暮れを過ぎて暗くなっていた。
 この状況で裕子さんが何を望んでいるか分からない程馬鹿じゃない。軽自動車はまた走り出した。


まずは応援も兼ねて
↓をクリックしてみてください


これは面白い。

美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Bluelagoon

これは面白い。




まずは応援も兼ねて
↓をクリックしてみてください

頑張れオヤジ!

美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Bluelagoon

頑張れオヤジ!




まずは応援も兼ねて
↓をクリックしてみてください

今週の素人投稿画像 2

美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Bluelagoon

今週の素人投稿画像

 

 

 

 

 


まずは応援も兼ねて
↓をクリックしてみてください


私の性体験告白 尚美の場合 2

美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Bluelagoon

友人たちとランチをしていたときの話題で、ある友人が「私ね。素敵なおじ様がいるの」とカミングアウト。それを切っ掛けに不倫談議に花が咲き始めて、そこに居合わせた6人の友人の内4人までが不倫したことがあるとか、していると告白。
私もSさんと不倫していたので、6人中5人が不倫していたことになるんです。

一人不倫していなかった子も、「じつは……」といって、なんと高校生と付き合っていると告白したのです。若いから何回も出来て凄いとか可愛いとか言いつつも、避妊もなかなかしてくれないとか、色々と要求されるとか愚痴も話していました。

それを聞いていたおじ様と付き合っているママ友が、「やっぱりおじ様が一番よ。あっちの方も上手だし、身体だけで無く心も満足させてくれ、包み込んでくれる。それにお金が掛からないどころか、色々としてもらえるしね」と自慢してました。
 
私はそのおじ様とお付き合いしているママ友の言葉が妙に心に残り、またSさんに連絡してしまったのです。
その日の夜に逢うこととなりました。

夫への罪悪感はありつつも、大人の関係になっても良いようにと下着も自分なりにセクシーなものを選び、有名なシティーホテルのティーラウンジへと向かいました。
不安感や期待感など複雑な気持ちでドキドキしながら待ちあわせ場所に着くと、「よう」と穏やかな声で呼びかけられたのです。振り向くとそこに優しい笑顔をたたえながら、背筋を伸ばして立つSさんがいました。決してダンディーではない普通のおじさんでしたが、何か安堵感を与えてくれる雰囲気がありました。

ラウンジでまずお茶を飲みながら、色々なお話をしました。
「そろそろランチしよう。何が良いかな」
「はい。でも余り沢山食べられません」
「そうなんだ。和食で良いかな」と言って下さって、ホテル内の和食処へと連れて行ってくれて、ミニ懐石とグラスビールを頼んでくれたのです。
楽しい話を聞きながらの食事はどんどん進み、お酒に余り強くない私がグラスビールをいつの間にか飲み干してしまい、少しポットなって、心地よい気分になってしまいました。

食事も終わり、「そろそろ出ようか」とのSさんの言葉に促されて店を出て、チェックインの手続きをするSさんをロビーの椅子に座って待つ私は、これから始まる大人の時間へ自ずとドキドキ感が高まり、トイレに行くと、恥ずかしいほど溢れて下着に染みが付いてしまっていました。

Sさんに促されて25階の部屋に入ると、大きなダブルベッドが目に入りました。するとSさんが私の肩を引き寄せてキスをしてきたのです。アッと声が出ましたが、私はその唇を受け入れ、直ぐにSさんの舌が入ってきました。さすがに経験豊富な男性のキスはとろけるようで、何の抵抗もなく身を委ねたのです。

キスの後はベッドに寝かされ、ワンピースの裾をたくしあげられて、Sさんの手が下着へと伸びて、指での刺激が始まりました。その巧みさに直ぐに恥ずかしい声が出始めたのです。

その後、素早くパンストを脱がされ、下着の中に指が入り、濡れる私の恥ずかしいところを直接愛撫されました。

「嬉しいよ。こんなに濡れてくれて。もっと気持ち良くしてやるね」
「ダメです。汚れています。シャワーさせて下さい」
「あやさんのそのままが欲しい。汚れてないよ。素晴らしいよ」

Sさんは、クリやアソコを指と唇と舌で愛撫し始めたのです。
その気持ち良さは今まで味わったことのないもので、どんどんと登り詰めて、あっけなく逝かされてしまいました。
その後服を脱がして、全裸になった私を、両手と唇と舌を使って、全身を愛撫してくれたのです。
二度三度と登り詰めました。

息絶え絶えとなってぐったりと横たわる私に、更なる衝撃が襲ったのです。
私の太ももを拡げて、Sさんの身体がその間に入って来たなと思った次の瞬間、私の恥ずかしいほど濡れるあそこにSさんのものが触れ、グッと突き進んできたのです。
その先が私の入り口を越えて少し入った途端、凄い圧迫感と少しの痛みが走りました。でも直ぐに底から湧き出てくるような快感に飲み込まれて、どこまで入ってくるのと思うほど奥へ奥へと進み、内蔵が突き上げられるような感覚となった時、更なる深い快感が身体を走ったのです。

その後はSさんにただただ翻弄されながら、何度というか、もうずっと絶頂の状態が続くというのが正しいように思う至福の世界を味わいました。

色々な体位をしたと思いますが、自分でもビックリしたのは、私がSさんに跨がって繋がった時、余りの気持ち良さに狂ったように腰を振り続けたことです。自分が気持ち良くなろうと腰を振りました。今まであり得ない行動でした。

息絶え絶えになって、ようやくSさんが抜いてくれて腕枕をしてくれた時、自然とすがりつきキスを求めていました。Sさんの胸に頭を埋めた時、何と心が安らぐのだろうと思ってしまいました。不思議な感覚でした。

そっとSさんのあそこに手を持って行くと、少し柔らかくなっていましたが、でも主人よりもはるかに大きなものがありました。しっかりとコンドームを着けてくれていました。大事に思ってくれているのだとさらに嬉しく思いました。

私はコンドームを外し、愛おしさまで出てくる感情でフェラをしました。するとどんどん大きくなり、「凄い。大きいし、硬い」と声を出してしまい、Sさんに笑われてしまいました。

次に私の口から自分も信じられない言葉が出てしまいました。「このまま入れて下さい」と自然と出てしまったのです。危険日以外は主人とも着けずにするのが当たり前だった私でしたので、そのまま欲しいと思ったのだと思います。

その後の交わりは、凄すぎるという一言でした。余りの気持ち良さに、何度も何度も逝かされ、汗で身体が濡れ、すっかりお化粧も落ちてしまうほどでした。

一番のショックは、ベッドがグッショリと濡れてしまったことです。私のあそこの液とお漏らしでそうなったことをSさんに教えられ、恥ずかしくて顔から火が出る思いをしました。午後1時にチェックインして6時にチェックアウトまで、途中に少し至福の眠りを挟んでずっと抱いて下さいました。

お別れを惜しみながら、シャワーを一緒にしました。Sさんがすべて洗って下さいました。泡を優しくお湯を掛けて洗い流してくれた後、「さあ、先に身体を拭いて」とバスタブから手を取って出させて下さり、バスタオルを取って背中を拭いてくれたのです。こんな優しくしてもらったことはありませんでした。

部屋を出る時に、私からSさんに抱きつきキスをしました。勿論ディープキスです。エレベータの中でも求めてしまいました。「また会って下さいますか」と尋ねました。

「そう言ってくれるなら、喜んで会いたいよ」と答えて下さいました。

毎日でも抱かれたいです。明日日曜日も、主人がゴルフに出掛けますし、朝からお逢いします。凄く楽しみです。
Sさんのお陰で、女として輝かさせて戴いております。幸せです。
本当におじ様は最高ですね。


まずは応援も兼ねて
↓をクリックしてみてください

女子○生を縛る

美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Bluelagoon

女子○生を縛る




まずは応援も兼ねて
↓をクリックしてみてください


絶対腰を抜かすこと間違いなし!海外おもしろ映像集

美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Bluelagoon

絶対腰を抜かすこと間違いなし!海外おもしろ映像集




まずは応援も兼ねて
↓をクリックしてみてください

美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Bluelagoon

今週の素人投稿画像

 

 

 

 

 


まずは応援も兼ねて
↓をクリックしてみてください


牡汁まみれのアイドル 22

美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Bluelagoon

 川崎がゆっくりとピストン運動をしながらその快感の余韻を楽しんだ後、奈々美の濡れた肉溝の奥から肉棒を引き抜いた。
 奈々美は満足そうな眼差しで川崎を見あげた。川崎の肉棒の先に白濁汁がべっとりと付着している。
「パパのオチンポ、えっちなお汁で汚れちゃったね。奈々美が綺麗にしてあげる……!」
 奈々美は艶かしい眼差しで川崎の肉棒の先に付着した白濁汁を、舌と唇で綺麗にしていった。
「パパぁ……すごく良かったぁ……」
「俺もだよ、奈々美」
「私、有名になれるかなぁ」
「もうなってるじゃないか。民放レギュラー三本を持っているアイドルは、一流の中の一流だ」
 奈々美は天にも昇る気持だった。
 テレビで歌い踊るAKB48を初めて見たとき、あんな女の子がアイドルになれるなら、私だってなれると思い、この世界を目指した。想像していた世界とは違ったけれど、実力者にこの若い身体を差し出すだけで、仕事が増え人気が出て、みんなからチヤホヤされ、ギャラだって上がった。
 この世のものがすべて自分のものになったような気分だった。私は何だってできる。若くてかわいいうちは、この身体は貴重な財産であり、成りあがるための武器だ。そのうち、イケメン俳優も手にして見せる。
 川崎のスマホが鳴った。
「なんだね」
 仕事モードの川崎に戻った。しばらくして、スマホを耳にあてていた川崎の表情が変わった。驚愕の表情で奈々美の方を見る。
「なに? 週刊回春が? それは本当かね?」
 自分を見つめる奈々美の視線に気づいて、川崎が背を向けた。かなり悪い話のようだ。
「わかった。じゃあ、送ってくれ」
 電話を切った川崎が、難しい顔をしている。
「どうしたの、パパ?」
 奈々美の言葉を無視して、川崎はスマホを操作し続けた。
「くそ!」吐き捨てるような声をあげ、頭を抱える。
「何よ、どうしたの?」
 川崎のスマホを覗きこみ、頭がクラクラとした。後ろから川崎に貫かれる女。目線は入っていたが、相手は奈々美自身だった。
「これって……」
「明日発売の週刊回春に乗せられる写真だよ。ママのパーティールームの現場写真だ。出版社に潜り込ませているスパイが知らせてきた。誰かが盗撮して週刊回春に売りやがったんだ!」
 奈々美は川崎からスマホを取り上げて、ページをめくっていく。
 大きな乳房を汗で光らせているママ、後ろから男たちに貫かれる加護亜依、二人の男に膣とアナルを同時に貫かれている広末涼子、サクラテレビの専務をはじめとする、テレビ業界の重鎮たちの、ペニスを勃起させた哀れな姿。
 スキャンダルが写真週刊誌にスクープされたのだ。
 奈々美には目線が施されていたが、業界人が見れば、それが誰だかはすぐにわかる。
「終わりだ、これで終わりだ!」
 川崎が抱えた頭を揺すった。タレントに手を出していたことが公になれば、いくらテレビ界の重鎮といえども、ただでは済まない。会社がそれなりの責任を取らないと世間が許さないのだ。
 それに加護亜依、広末涼子、あの二人の女の子。そして奈々美も。
 業界に広い人脈がある加護亜依や広末涼子にはまだ道は残されているかもしれない。しかし、奈々美が普通のタレントとしてやっていくのは困難になった。同じ手でのし上がるのも、もう不可能だ。
 残された道は、素人同然のギャラで使い捨てにされるAV女優。
「そんな……。嫌よ!」
 写真を見てさっきまで抱いていた違和感に気付いた。
 小早川だ。これらの写真に、小早川の姿が写っていないのだ。
 川崎は頭を抱えてうなだれたまま、一言もしゃべらない。さっきまで奈々美をいじめていた太いペニスも、縮みすぎて陰毛の中に隠れてしまっている。
 奈々美は膝から床に崩れた。股間から、川崎が放った精液がこぼれ落ちた。

(完)



まずは応援も兼ねて
↓をクリックしてみてください

プロフィール

Author:naokisecret
直輝のブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR


人気官能小説ランキング
- ページ
1
いけない兄妹~義妹・麻里奈の柔らかい白い尻~ 【PDF形式】
いけない兄妹~義妹・麻里奈の柔らかい白い尻~ 【PDF形式】
2
汚れた女子高生 エリカ 【PDF形式】
汚れた女子高生 エリカ 【でじブック形式】
3
犯される女将 【PDF形式】
犯される女将 【でじブック形式】
4
犯される女子高生~飼育される十七歳の公衆便所~ 【PDF形式】
犯される女子高生~飼育される十七歳の公衆便所~ 【でじブック形式】
5
人妻残酷物語 ~ヤクザの奴隷にされた美人妻~ 【PDF形式】
人妻残酷物語 ~ヤクザの奴隷にされた美人妻~ 【でじブック形式】
6
犯される美少女 ~悲しき肉便器~ 【PDF形式】
犯される美少女 ~悲しき肉便器~ 【でじブック形式】
7
可愛い叔母の淫臭~尚美の童貞教育 【PDF形式】
滴る淫穴~熟したお姉さんたちのいやらしい下半身事情~ 【PDF形式】
8
十六歳 淫らで可愛い妹の熟れかけた下半身 【PDF形式】
十六歳 淫らで可愛い妹の熟れかけた下半身 【でじブック形式】
9
調教セックスドール 【PDF形式】
調教セックスドール 【でじブック形式】
10
禁断の匂い~義姉の性臭~ 【PDF形式】
禁断の匂い~義姉の性臭~ 【でじブック形式】
11
愛の献精 【PDF形式】
愛の献精 【でじブック形式】
12
セックスに溺れる熟女~淫乱な叔母の白い乳房 【PDF形式】
セックスに溺れる熟女~淫乱な叔母の白い乳房 【でじブック形式】
13
僕の青くて淫らな体験告白 【PDF形式】
僕の青くて淫らな体験告白 【でじブック形式】
14
筆おろし女教師 【PDF形式】
筆おろし女教師 【でじブック形式】
15
~お姉さんにシゴかれて~僕の恥ずかしい発情セックス日記 【PDF形式】
~お姉さんにシゴかれて~僕の恥ずかしい発情セックス日記 【でじブック形式】
16
いかせてあげる~美しい継母の童貞レッスン~ 【PDF形式】
いかせてあげる~美しい継母の童貞レッスン~ 【でじブック形式】
17
熟れた恥肉の匂い~美人看護婦の快感陵辱セックス~ 【PDF形式】
熟れた恥肉の匂い~美人看護婦の快感陵辱セックス~ 【でじブック形式】
18
快感! シャブちんぽ 【PDF形式】
快感! シャブちんぽ 【でじブック形式】
19
真奈美の淫孔 【PDF形式】
真奈美の淫孔 【でじブック形式】
20
扱き上手な僕のお姉さん 【PDF形式】
扱き上手な僕のお姉さん
21
継母の淫らな暴走 ~真由美と隆~ 【PDF形式】
継母の淫らな暴走 ~真由美と隆~
22
淫らな人妻 智子の奔放な性活 【PDF形式】
淫らな人妻 智子の奔放な性活 【でじブック形式】
23
義姉との気持ちいい交尾【PDF形式】
義姉との気持ちいい交尾【でじブック形式】
24
ドキドキ僕の快感夏休み【PDF版】
ドキドキ僕の快感夏休み【でじブック版】
25
チェリーボーイの鬱屈 【PDF形式】
チェリーボーイの鬱屈 【でじブック形式】


■予約販売■ファイナルシークレット20粒付♪6本で7,900円(税込)■2本ずつ3回に分けて発送!■スポイト付カークランドロゲイン5%(男性用)【ダイエットクリニック】

★【媚女の雫】ただ一滴で女性はただ性欲を求めるだけの性奴隷状態に!?【MAX STORE】

★【CITRULLINE G-ENERGY(シトルリンジーエナジー)CGE】AV男優育成《プロ限定》激大陰茎成長リキッド♂【stmxアメリカヤ1号館】

クラチャイダム 黒ウコン 黒ショウガ《活力向上》クラチャイダムゴールド4箱(30粒×8個)[約48~120日分]▼アルギニンがマカの2倍!【日本サプリメントフーズSTORE】

フェロチカホーク(男性用)8ml【当日発送】 フェロモン香水でモテモテ【これこれ倶楽部】

「男性器増大」ENIGMA(エニグマ)(単品)(送料無料・30日間返金保証)【モテメン】

エネマグラ ドルフィン アナルグッズ【アダルトグッズ通販OGS 】

オルガスター※バイブ ローター【Hope-Shop.NET ビューティーヘルス】

★【デンマレディ ピンク】今一番売れてるデンマがコレ!【MAX STORE】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。